埋もれ毛ができたときの対処法とは

むだ毛の自己処理をして埋もれ毛に悩んでいる方も多いと思います。

「埋もれ毛はほじって抜いてもいいのか」
「埋没毛は抜かない方がいいのか」
「埋もれ毛の対処法を知りたい」

こんな方のために埋もれ毛の対処法を紹介していきたいと思います。

■埋もれ毛の原因と予防法

埋もれ毛というのは、むだ毛を処理するときに皮膚が傷ついて、毛穴がふさがってしまうために起こります。
毛抜きや家庭用脱毛器で強く毛を引っ張ってしまうと、皮膚が傷ついてかさぶたができます。
それによって、毛が出てくることができずに皮膚の中で成長するため、埋もれ毛となっていくのです。

この埋もれ毛の予防方法としては、無理な自己処理をしないということと保湿をしっかり行うということです。
保湿をすることである程度の埋もれ毛を防ぐことができるので、自己処理後の保湿はきちんとするようにしましょう。
ミュゼ 効果
■埋もれ毛の対策

埋もれ毛は適切に対処しないと、悪化させてしまう可能性があります。
どのような対処が正しいのか紹介しましょう。

〇埋もれ毛ができたときに

埋もれ毛ができてしまった場合には、しばらくむだ毛処理をやめて、埋もれている毛が自然に出てくるのを待つというのが一番良い方法です。
この間に、埋もれ毛の部分を毎日の入浴時に洗ったり、保湿したりすることが大切になります。

〇悪化させないために

自然に埋もれ毛が出てくるのを待つのが一番良い方法なのですが、埋もれ毛ができてしまった場所によっては気になることもあります。
そのような場合は、ピンセットなどを使って埋もれ毛をつまみ出します。
手順は以下の通りです。
①抜き出す前に肌を蒸らして柔らかくする。
②ピンセットなど使う道具の消毒をする。
③無理に引っ張らずにゆっくりと引っ張り出す。
④処理した後は刺激の少ないもので保湿を行う。

無理矢理抜くことは悪化させることに繋がりますから、絶対にやめてください。

■埋もれ毛を治すには

埋もれ毛の治し方として肌に負担をかけない方法とされているのが、角質を落とすようなスクラブで埋もれ毛の部分を洗い、その後保湿をしっかりとするという方法です。
この方法で埋もれ毛が解消したというような口コミも多く見られます。

ただし、スクラブには善し悪しがありますので、肌に良いものを使ってください。

■埋もれ毛を作らないためには

カミソリや毛抜きなどでの自己処理を行っていると、皮膚を傷つけ埋もれ毛ができてしまう可能性が高まります。
そう考えると、埋もれ毛を作らないためには脱毛に通うことがオススメです。

〇脱毛サロンで埋もれ毛は本当に解消するの?

ミュゼプラチナムなどの脱毛サロンでは、埋もれ毛は改善しないとされています。
施術スタッフも、スクラブで洗い、保湿をしっかりするというのが改善に繋がると話しています。

しかし、脱毛サロンに通っている人の中には埋もれ毛が改善したという方もいます。
これは、脱毛サロンの施術の効果により埋もれ毛が減ったというよりは、自己処理の回数が減ることによって埋もれ毛が解消していったということだと思います。


〇クリニックの医療脱毛で埋もれ毛は解消できる?

医療脱毛の場合は、確実に埋もれ毛を解消すると言われています。
なぜなら、医療脱毛は照射する光が皮膚を通過するので、毛が埋もれていても光が当たり自然と出てくるからです。
施術の初めのうちから埋もれ毛が出てくるわけではありませんが、回数を重ねていくと医療脱毛の効果で埋もれ毛が出てきて、きれいになるようです。

また、医療脱毛の場合は相談すると医師が適切な対処をしてくれことがあるので安心です。
埋もれ毛ができてしまった場合には、知識も技術もある医師の元で医療脱毛してもらうのが根本的な改善になるのではないかと思います。

■まとめ

今回は埋もれ毛の原因や予防法から、対処・処理方法などについて紹介してきました。
自分の気になる埋もれ毛の対策のために役立ててもらえたら嬉しいです。
ここで挙げた方法を用いて、埋もれ毛のないきれいな肌を手に入れてください。

ミュゼプラチナムでの埋没毛の対処法についての体験

ミュゼ 埋没毛 効果 kiwawamama89さん

  私はミュゼに行って一つ聞いてみたいことがありました。 それは埋没毛です。 常日頃から自己処理でカミソリでケアしていることが多かったのですが、埋没毛が目立ってきてしまいました。 それでスタッフの方にカウンセリングの時にどのようにしたらよいか聞いてみたところ、「埋没毛がある場合は抜いたり、無理なケアはせずに保湿クリームなど を塗って毛が出てくるまで待ってください」と言われました。 埋没毛の状態だと毛が表面に出ていないのでジェルを塗ることができず、照射できないとのことです。 強引に照射してしまうと肌を痛めてしまうので、「埋没毛に対しては脱毛できません」とミュゼの方針でもしっかりと明記しているらしいです。 埋没毛は皮膚の下に毛が埋っている状態なので光を当てても効果が足りません。 サロンによっては肌の表面を削って埋没毛を引っ張り出し、そこに光を当てるという方法を取り入れているサロンもあるらしいですが、ミュゼではそのような方法は肌を傷つけるので取り入れていません。 わずかでも毛が出てくるまで待ってからジェルを塗って光を当てるとのことです。 埋もれている毛は毛周期の関係で2ヶ月から3ヶ月ぐらいすると肌の表面に出てくるので、あわてず時間を掛けて対応することが最善の策と言っていました。

埋没毛の一番良い対処方法とは

平たく言ってしまえば、ミュゼの照射では埋没毛を治す方法はありません。 照射するのはあくまでも毛が出ているものだけに対して行うので、埋没毛の状態だといつまで経っても照射できないということになります。 ただ、ミュゼでは、保湿クリームやローションなどが販売されているので、それで肌の表面を活性化させて、毛が外に生えるように促すことはできると話してい ました。

そうなると自分で取り敢えず毛が外に出るように対処するしかありません。 毛抜きで引っ張り出したり、針を使ってかき出したりなど。今すぐ毛を引っ張り出したいとなると、そういった方法しかありません。 しかし肌を傷めるのでそれはおすすめできません。 そもそも、埋没毛は毛が皮膚の内側にある状態で、毛が生えようとしているところが皮膚によって塞がった状態が原因です。

つまり、できるだけ毛が生えてくるように角質を取り除いて皮膚が塞がっているところをこじ開けるような状態にするべきだそうです。 そうなると、なんでもかんでも、「保湿がいい!」というのはちょっと違うということがわかります。 確かに皮膚が柔らかくなればそれだけ生えてくる可能性はあるんですが、その前に角質を取り除かなければ、埋没毛は埋まったままです。

そこで重要なのはクレンジングです。 クレンジングは角質を浮かす作用があります。角質を浮かすことで皮下組織に埋もれている毛を取り除きやすい環境が整います。 イメージとしては土に埋まっている野菜を取るときには、とりあえず土を掘らないと取れませんよね。 それと同じように、まず角質を取り除かないと埋没毛まで到達しないんです。

ミュゼ 効果

そういった意味では、クレンジングで角質を取り除けば、毛が出てくる効果が期待できます。 そして実際に角質を取り除き、埋没毛が見えてきたなと感じてからようやく脱毛サロンの出番です。 もし、埋没毛が気になっている方はとりあえず自己ケアによって埋没毛を見えるような努力のした方が良いですね。

ただ、ミュゼもさすがに毛や肌の専門企業というだけあって、角質を取り除くローションやクレンジングなども置いてあります。 店員さんに聞けば、どの商品の効果が出やすいか案内してくれるので、それを買っても良いかもしれません。 ミ

ュゼで販売されているものは別に高額ではなく、市販のものと値段は変わりません。 むしろ、ミュゼの会員割引で安く買えるのであまり市販で良いのが見つからなければ、それを買っても良いかと思います。 おそらく、ミュゼで脱毛を始めると2年ぐらいは通うと思います。その間に埋没毛を浮かすという感じでも良いかもしれません。

ミュゼ 埋没毛

膝下 ミュゼ6回目です。気にしていた埋没毛も綺麗に亡くなりました。

ミュゼにお得に通う裏ワザ

単純に予約の取り易さを考えるなら、秋口や冬が良いのですが、結局いつ通い始めても結局は混んでしまいます。 脱毛サロンに通う方は結局1年以上は通うことになるので、何月に行こうが、あんまり変わらないということも言えます。

では、いつ行けば良いのかというと、誕生日前かクリスマス前がお勧めです! なぜなら、ミュゼは誕生日とクリスマスには割引クーポンが配られるからです。 実際、紙などがもらえるわけではなく会員の方は店員さんに言えば、クーポンを 利用できます。 クリスマスの割引チケットは特にすごくて5000円分のクーポンが配られます。(毎年同じ金額とは限りませんが) なので最初行くときは、とりあえずキャンペーンの脇だけとか契約しておいて、足や腕をやりたい方はクーポンを入手してからそれを使うと、かなり安く受けられることができますよ。



>>キャンペーンが終わってしまう前に
無料カウンセリングを予約しておきましょう<<
3分で登録できます。


ミュゼプラチナムのキャンペーン詳細はこちらです


脱毛ラボのキャンペーン詳細はこちらです>>




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ