自己処理は危険!ムダ毛処理と黒ずみの関係

毎日きちんとムダ毛処理していても、毛穴のブツブツや黒ずみが気になって半袖やノースリーブが着られない・・・、そういった悩みを抱えていらっしゃる方はいませんか?
剃ったり抜いたりと色々と試しているのに黒ずみは治らないばかりか年々進行してきている気さえします。このままでは数年後にはムダ毛がなくなってもお気に入りの服が着られず辛い思いをしてしまうかも知れません。今回はムダ毛処理と黒ずみとの関係を順を追って説明していきたいと思います。
ミュゼ 黒ずみ
脇が黒ずんでしまうのには様々な原因が考えられます。いくつか紹介しましょう。まず一つ目は毛穴そのものに汚れが溜まっている場合です。皮脂などで肌が汚れてしまうと全体的に黒ずんで見えてしまうのです。制汗スプレー等も汗の臭いを抑える目的では便利ですが、毛穴を塞いでしまうので決して万能ではありません。その間汚れが蓄積してしまうのです。暑い季節、スポーツや運動等でよく汗をかく方は、スプレーに頼らず細めに拭き取ることも大事かも知れません。二つ目は体質や体調からくる黒ずみです。元々肌が色黒の方は他の方に比べて皮膚内のメラニン色素の量が多く、黒ずんでしまいやすいです。また葉酸や亜鉛などの栄養素が不足していると体内の新陳代謝が上手くはたらきません。そうなると傷が治りにくくなりムダ毛処理時に炎症等の肌トラブルも多くなってしまいます。虫刺されの赤みや日焼けした時の黒みがなかなか治らない方も同様の栄養不足が原因なので注意が必要です。偏食やストレス、タバコ、飲酒などの食生活の乱れによる部分も大きいので、心当たりのある方は、この機会に生活スタイルや食事のバランスを意識して改善してみるのも良いでしょう。三つ目は色素沈着です。ナイロンタオル黒皮症とも呼ばれています。脇をタオル等であまりゴシゴシ洗い過ぎると摩擦による刺激によってだんだんと皮膚が黒褐色に変色していきます。体の他の場所もそうですが、お風呂で洗う時は優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。またムダ毛処理の仕方にも注意が必要です。逆剃りや肌が乾燥している状態でのムダ毛処理は肌に大きな負担をかけ黒ずみが進行する大きな原因となります。ダメージを受けた肌は再生しようと新しい皮膚を積み重ねどんどん角質を
厚くしてしまうのです。ミュゼ 黒すみ角質には水分を蓄える力はほとんどなく、その結果肌はどんどん乾燥化していきます。この時更にムダ毛処理しようとすると乾燥した肌にダイレクトに刺激が伝わり、再び肌は大きなダメージを負います。この悪循環が続くと最悪の場合、色素沈着が皮膚の真皮の部分にまで及んでしまい医療機関やエステなどに通わないと黒ずみがほとんど治せなくなってしまいます。そうなる前に適切に処置したいものですがなかなか難しいものです。毛抜きや除毛クリームも肌に負担は掛かってしまうので、異常を感じたらすぐに中止した方が安心かも知れません。もちろん処理前の肌が汚れている状態だとばい菌がいっぱいなので、炎症や細菌感染の原因にもなってしまい危険です。中途半端な自己処理がいかに危険であり黒ずみの原因となってしまうのか、お分かり頂けたでしょうか?ムダ毛処理を即刻中止すれば問題は無くなるのですが、それでは本末転倒になってしまいます。これまで未経験の方は思い切ってミュゼ(MUSEEPLATINUM)などの脱毛サロンに通うのも良い手なのかも知れません。長期的に何回か通わなくてはいけないことと自己処理のように出費が安く抑えられないことがデメリットですが、綺麗な脇を維持できると考えればそれを補って余りあるメリットもあります。10代や20代の若い頃に脱毛しておけば新陳代謝もそれだけ活発なので術後の肌状態もすぐに回復します。脱毛するとその後の自己処理の回数が極端に減るので黒ずみの原因の殆どを解決できてしまうのです。最も安心でかつ安全な方法ですので、黒ずみで悩んでいらっしゃる方はぜひご検討下さい。



>>キャンペーンが終わってしまう前に
無料カウンセリングを予約しておきましょう<<
3分で登録できます。


ミュゼプラチナムのキャンペーン詳細はこちらです


脱毛ラボのキャンペーン詳細はこちらです>>




Follow me!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ